So-net無料ブログ作成
検索選択

決定的な道具の違い [仕事]

大工さんとの道具の違いは多々あります(^^;
建具屋さんが使う大きな木ネジといえば8分というサイズ(全長25mm)です。
かなり前の話ですが、大工さんに言われてそのサイズを出したら「小さいなぁ」と言われました。
建具だけならばそれ以上のサイズを使うことはまずありません。

で、同じように見えてまったく違うのがノコギリです。
2017-05-10T14:31:49.jpg一番左にあるのが大工さんが使うノコギリです。
見れば形状の違いがわかると思いますが、刃先が細くなってます。

鴨居に入る部分の肩を切らなくてはならないからです。

一番右は樽形になったものです。
サイズの小さい替え刃のものを現場用に使ってます。
中のものはずっと使っていて何度も研ぎに出しているので、かなり小さくなってしまってます。

替え刃のものを使い出したら、研いでもらったものはなかなか使えません。めちゃめちゃ切れるんですが、切れなくなったらまた研ぎに出さなければなりませんから(^^;
しかも、この研ぎは、研ぎ代が倍近いところで研いでもらったものです。
で、使わないのももったいないので、惜しみながら使って行きます。
あと何年続けられるかな…。
安いところで研いでもらうと刃保ちが悪いのよねぇ(^^;

様々な種類のあるノコギリですが、下の画像は障子の組子などを作るための「胴付きノコ」と言われるものです。元々薄い刃なんですが、一本は極薄の刃のものです。
薄刃故に背中の胴部分がないと使えません(^^;
2017-05-10T14:31:49.jpg
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

おら

殴られそうですが・・・
弘法筆を選ばずじゃないんですね
より、精度を上げるにはヤッパリ筆・・・じゃねぇ鋸を選ぶんだぁ

硎屋でそんなに変わるんですか?
おらは特殊鋼屋だったっけ材質も気になりますね
昔のは刀と同じで炭素鋼だった・・・今はなんだろう???
まさか合金鋼やステンじゃぁないですよね
・  
by おら (2017-05-14 14:29) 

新介

おらさん、どもぉ

きっと選ばずとも良い筆を見抜けたんでしょうね。
使いどこが違うのでそれに合ったノコギリってことで。
研ぎの技術次第でかなり変わると感じております。
あとは金額との兼ね合い(^^;
鋼のことはわかりませんが、ステンレスではないです。
替え刃にはステンレスもあります、わりと切れます。
替え刃式でも替える都度、微妙に切れ味が違います。
刃のアサリの具合で切り筋を右にとられたり左にとられたり。
by 新介 (2017-05-14 14:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント